シミを消す効果的な方法|美肌を取り戻す秘策

ウーマン

落ちないメイクで手軽に

メイク

アートメイクは美容外科で行える消えないメイクとして、整形よりも簡単に美しい姿を保つことができます。大阪などの都市では、仕事をフルタイムでこなす女性も多く、メイクの時短はたくさんの女性が必要としているものです。

詳細

レーザーや注射

ウーマン

しわの治療には、レーザーを照射する方法や、ヒアルロン酸などを注射で入れる方法があります。施術後すぐに効果を実感することができるため、人気があります。治療を受けた後も、紫外線対策を欠かさないようにするなどして、予防に努めます。

詳細

アンチエイジングに最適

医者

シミを消すことなど、20代はもちろん30代前半でも考えていませんでした。逆に、若い時からサーフィン、日焼けサロンに行き紫外線、シミ、しわの恐怖など知らずに青春時代を過ごしました。生まれつきそばかすが多かったので、シミなのかそばかすなのかわからず、シミではなくそばかすだから消すことなど考えずにいられたのですが、30代を過ぎてから法令線などが気になり、アンチエイジングを気にするようになりました。若く見える人に共通してシミがないことに気づいたからです。そのため、どうにかお金をかけずに消す方法はないかネットで調べました。

ネットで知ったお金をかけずにシミを消す方法をいろいろ試しました。改善体操や、安いけど効果があるといわれる美白化粧水、安いけど効果があるといわれる美顔器などがヒットしました。効果はどれも、薄くなった気がする程度でした。もうコンシーラーで隠して生きていくしかないと思っていましたが、そこで運命的な出会いをしました。トレチノインとハイドロキノンです。使用方法は、お風呂に入ったあとにトレチノインをシミの上に綿棒などで塗ります。15分程たったらハイドロキノンをさらに上に塗ります(はみ出しても問題ありませんでした)。あとは朝出かけるとき必ず日焼け止めをしっかり塗ります。2、3日たつと肌がボロボロに剥けてきます。ターンオーバーを手動で行うようなもので急速に肌が生まれ変わるため剥け始めます。トレチノイン、ハイドロキノンを使用して2か月たつと、明らかに大きく目立っていたシミはほとんどなくなり、小さいものは跡形もなく消えました。このように私は時間をかけて行ないましたが、結婚式などのイベントがあったり、いますぐ何とかしたいと考えるのであれば、美容外科などに足を運ぶのもいいと思います。いまはモニター制度もあるので安心して始められますし、何より様々な施術が用意されています。シミを消すための方法はこういった形で色々とあるので、自分なりの方法で行なってみると良いです。

引き締め施術の効果

女の人

顔のたるみを治療する最新の施術法がサーマクール法です。高周波をたるみの出来ている部位に照射して肌を引き締めます。そうしてたるみが改善されるというわけです。カウンセリング、洗顔、マーキングを経て実際に照射されます。料金の相場は10万円前後です。

詳細